職場

多種多様な介護福祉士の活躍できる職場

国に認められた確かな知識と技術を持ち合わせた介護福祉士は、介護の現場において最も求められている人材です。

高齢化社会である日本では介護の形態は様々であり、色々な現場で介護福祉士は必要とされているのです。

様々な介護施設

介護を必要とする人が入居している施設は多数あります。
介護老人施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設など、介護保険制度にて施設サービスとして規定されている施設や、民間や企業の運営する介護施設にて、介護福祉士は多く働いております。

またデイサービスとも言われる通所リハビリ介護施設や、短期入所生活介護施設、老人ホームとも言われる特定施設、グループホームとも称される認知症対応型生活介護施設などでも専門的な知識を活かして働くことができます。

多数の施設が存在しておりますが、ショートステイとして利用される老人短期入所施設などでは、多くの短期利用者が気兼ねなく過ごせるように、他の長期の施設とは違う、施設に応じた働き方が求められます。

他の職員との連携が求められる働き方

施設を運営するにあたって、施設の種類により医師、看護師、理学療法士や作業療法士などの、有資格者の人員配置が義務付けられております。

これは利用者に必要とされる医療行為やリハビリテーション行為を行うためには、専門の知識が必要とされるからであり、介護福祉士にはできないことがあるからです。

多くの利用者の状況を把握しつつ、的確に情報を連携して、利用者が快適に過ごすことができるように努める必要があるのです。

介護福祉士は現段階では、介護職員という枠組みに含まれており、施設開設時の明確な人員配置義務とはされておりません。

しかし、介護環境の質向上が望まれているので、今後は有資格者でなければ介護施設では働けないということも考えられまして、介護福祉士の需要は増加するとされております。

望まれる就業条件の改善

ニュースなどで取り上げられることもありますが、介護施設での介護職員の就業条件が厳しいことが現在問題となっております。

少ない介護職員で多くの利用者を介護する必要があり、適切な介護を受けることができているのかが疑問視されるような施設もあります。

施設では24時間の介護体制が必要とされますので、交代制での夜勤業務が必須となります。
しかし、仕事の内容に見合った賃金が支払われているかというと疑問であり、人出不足から仕事量も増え、離職者が増えるという悪循環に陥っているというのが現状のようです。

利用者宅を訪問しての介護

介護保険制度を利用することにより、自宅にて介護療養生活を送る高齢者が増えております。
施設に入居することなく住み慣れた自宅にて介護を受けることが出来る訪問介護は、要介護者の自立に繋がることが期待でき、今後も需要が伸びるとされております。

食事、排泄、入浴などの身体介護の他に、部屋の掃除や整理、食事の買い物や用意、病院への付き添いなど、施設で働くことに比べると仕事内容は多岐に渡ります。

求められる専門知識

利用者の自宅に訪問して介護業務を行う必要があるので、個々の利用者の心身の状況を正確に把握しなければ、適切な介護を行うことができませんので、知識はもちろん高いコミュニケーション能力までも必要とされます。

また訪問入浴介護や訪問看護ステーションからの訪問看護など看護師と同行し、少ない人数(2人から4人ほど)で介護を行い、看護師の補佐的な役割も行わなければいけなく、確かな介護技術も求められます。

介護支援専門員へステップアップ

ケアマネージャーと言われる介護支援専門員は、利用者がどのような介護を受けるかを設定する介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門員です。

介護支援専門員には介護の経験が必要であり、介護福祉士として5年以上の実務経験が必要となります。

独立も夢じゃない介護支援専門員

在宅介護支援センターや居宅介護支援事業所などで、常勤が義務付けられている介護支援専門員ですが、独立して事業所を立ち上げて働いている人も少なくありません。

介護福祉士以上に豊富な知識が必要とされますが、働き方や収入などが自分の能力次第となりますので、現在人気の職業であるといえます。

  • 【介護福祉士になる方法】資格を取得する為の色々な方法
  • 【ホームヘルパー】最も必要とされている介護訪問員

  • 【介護福祉士の概要】仕事の内容や勤務場所など
  • 【介護福祉士の資格と試験】試験の概要や免除の条件について
  • 【介護の国家資格】社会福祉士やホームヘルパーなど関連する資格の紹介