通信教育

受験資格と国家試験のための通信教育

日本介護福祉士養成施設協会のサイトより、介護福祉士は実際の業務に必要とされる実技が重要視されます。

そのため他の資格のように通信教育にて受験資格を得ることは難しくなりますが、NHK学園による通信教育では受験資格を取得できると紹介されております。

通信教育のメリット

通信教育のメリットは、他の仕事を行いながら勉強ができ、さらに受験資格を取得することができるということにあります。

学費は他の専門学校などに比べると安いとはいえますが、タダで入学できるわけではありませんので、アルバイトや現在仕事をしている人も、経済的な負担を抑えることからも通信制の学校は大きなメリットとなります。

レポートや定期テスト、年に数回の面接授業などはありますが、あとは自分で時間を作って勉強することができますので、自由な時間で介護について学ぶことができます。

NHK学園専攻科社会福祉コース介護福祉専攻

通信制の高等学校もあるNHK学園では、福祉教育も行われておりまして、介護福祉士試験の受験資格を取得できるのは介護福祉士専攻科になります。

2年間に渡る教育カリキュラム

NHK学園の専攻科は単位制になりまして、2年間で必要な単位を取得することができます。

入学することで用意されるテキストと、テレビ・ラジオを利用しての学習、科目毎のリポート提出などを行います。
提出したリポートや課題や添削され、復習学習をすることができます。

自宅学習以外にも年間で2回、2日間ずつの全4日間(2年次は全2日間)のスクーリング(面接授業)が規定されておりまして、スクーリング時のみ東京本校にて行われます。

入学資格があります

NHK学園は高等学校の上級課程とされておりますので、高等学校卒業相当の学歴が必要となります。

選考方法は書類審査と作文により行われます。平成22年度は定員が120名と以前の2000名に比べると倍率が高く、入学できないということもあるそうです。

平成23年度以降の定員は今のところ未定です。

入学〜卒業までにかかる費用

入学選考費用として5,000円、入学費用として2万円、学費が1年分で11万円なので、2年分では22万円、テキスト代が約2万円、介護実習の費用が約6万5千円とされており、総額で33万円は費用がかかるとされております。

年間2回ずつ行われるスクーリングが東京本校で行われますので、地方に住んでいる人は東京までの旅費や滞在費も必要となります。

そのうえでも他の学校に比べると圧倒的に安いということが分かります。

実技を学ぶ介護実習

2年時に11日間に渡って、介護老人福祉施設や特別養護老人ホームなどの施設にて、介護の実技を学ぶための実習が行われます。

これは住んでいる地域を考慮したうえで、学園側が施設を紹介してくれます。

卒業後に実務経験が必要になります!

平成24年度の国家試験より受験資格が変更になったことから、卒業しただけでは受験資格を取得する事ができなくなりました。

卒業後に9ヶ月に渡って介護実務経験を積むことで国家試験の受験資格を取得することができます。
実務経験を積むための施設などは学園から紹介を受けることができますが、最短では2年9ヶ月という期間で、受験資格を取得することができます。

一見すると実務経験者の受験資格である3年と変わらないと思えてしましますが、実務経験者も平成24年度からは6ヶ月間の養成施設の修了が条件となりますし、高い試験合格率を考えると、他の仕事を行いながらでも資格取得のチャンスがあるNHK学園には、大きなメリットがあると考えられます。

他にもある通信教育専攻科

日本介護福祉士養成施設協会のサイトではNHK学園のみが紹介されておりますが、他にも介護福祉士の受験資格を満たすための単位を取得できる通信制学校はあります。

しかし、平成24年度からの試験より9ヶ月間の実務経験が受験資格として必要となることから、通信専攻科を廃止してしまう学校などもあります。

NHK学園ではスクーリングが東京本校のみと決められておりますが、全国にスクーリング会場がある学校もありますので、NHK学園と比較して検討してみてはいかがでしょうか。

2010年現在で介護福祉士広域通信制のある学校

  • ・ウィザス高等学校・ウィザスナビ高等学校社会福祉専攻科介護福祉士コース
  • ・星槎国際高等学校専攻科介護福祉コース
  • ・自然学園高等学校専攻科・介護福祉専攻

※上記の学校はリンクページよりサイトを確認することができます。

実務経験者のための通信講座

介護福祉士の国家試験合格率は年々上がってきておりますが、平成21年度では52%と発表されております。

決して低い合格率とはいえませんが、通信教育を受けることにより、独学よりも合格率を上げることができるかもしれません。

良心的な受講料で高い合格率が自慢

ユーキャン、ニチイ、ウィザスキャリアアップスクールなどが有名で、受講料も4万円から5万円程です。

毎年多くの合格者を排出していることから、合格するためのノウハウは高いと考えられますので、参考書による独学のみでは自信がない人は、通信講座を利用して計画的に勉強してみるのも良いと思います。

  • 【介護福祉士になる方法】資格を取得する為の色々な方法
  • 【ホームヘルパー】最も必要とされている介護訪問員

  • 【介護福祉士の概要】仕事の内容や勤務場所など
  • 【介護福祉士の資格と試験】試験の概要や免除の条件について
  • 【介護の国家資格】社会福祉士やホームヘルパーなど関連する資格の紹介