【社会福祉士】介護・医療制度のスペシャリスト
福祉関連の最上位資格ともいわれる社会福祉士は、豊富な知識を活かして介護保険や医療制度を利用する人の手助けをするための仕事です。
【ホームヘルパー】最も必要とされている介護訪問員
多くの人がホームヘルパーの資格を持っておりますが、絶対的に職員数が足りないのが実状です。それには給与や就業条件などの問題が関わっております。
【社会福祉主事】大切な相談業務を行うケースワーカー
病気や怪我、家庭環境や経済的な問題で一般的な生活を送ることが困難な人の相談にのり、法律や制度を利用して支援、援助するのが社会福祉主事です。
【障害者スポーツ指導員】リハビリだけではない障害者スポーツのコーチ
スポーツは健常者、障害者の区別なく心身に良い影響を及ぼします。指導員がいることでリハビリ効果や競技レベルの向上が望めます。
【ケアマネージャー】介護支援専門員というプランナー
介護保険サービスを利用するために用いられるケアプランを作成するケアマネージャーは、介護福祉士からステップアップできる職業でもあります。
【精神保健福祉士】精神的介護を行うソーシャルワーカー
認知症の人などの介護には、精神的なケアも必要であり、体の介護よりも心の介護を専門とするのが精神保健福祉士です。
【福祉住環境コーディネーター】過ごしやすい環境つくりのプランナー
高齢者にとってはちょっとした段差が障害となることがあります。それは住み慣れた自宅でも言えることなのです。
【保育士】保育園で働くなら必須の国家資格
決して楽ではなく、給与面の待遇も良いとはいえませんが、信用できる保育士がいるからこそ、安心して子供を保育園に預けることができるのです。

  • 【介護福祉士になる方法】資格を取得する為の色々な方法
  • 【ホームヘルパー】最も必要とされている介護訪問員

  • 【介護福祉士の概要】仕事の内容や勤務場所など
  • 【介護福祉士の資格と試験】試験の概要や免除の条件について
  • 【介護の国家資格】社会福祉士やホームヘルパーなど関連する資格の紹介