フルーツ

仕事の空き時間で簡単ダイエット運動

夜勤のある仕事をしている人の場合、空いた時間につい手が出て食べ過ぎてしまうという人は多いのではないでしょうか。
そのため、ダイエットをしたいと意識していても、夜を起きて過すことから日中とは違った口寂しさを感じて、食べ過ぎてしまうなんてことも……。

口寂しいとき、間食はフルーツで済ます

夜中に食べるという行為、これはダイエット的にNG行為とされています。
理由としては、夜間に摂取したエネルギーは消費し切れないということ、脂肪を定着させるタンパク質が増えるためなどが挙げられます。

このように夜間に食べ過ぎるという行動は、自分を太らせる以外の何ものでもないのです。
空腹を感じるのは血糖値が下がってきていることが関係しています。どうしても口寂しく、食べたいと思ったら果物を摂るようにしましょう。

果物は、消化・吸収が早く胃に負担が少ない食品です。フルーツに含まれる果糖は、エネルギー変換が早く、脂肪として定着されにくいんだとか。
さらに血糖値を上下させて正常に保つ働きがあるようです。空腹時に食べた場合は、血糖値を上昇させて空腹感を和らげ、血糖値が高い場合では数値を下げると言われています。

夜勤の空き時間には、踏み台昇降運動でエクササイズ

Slismが扱っている運動の中でも、夜通し起きて仕事をしている人たちが空いた時間でできる簡単エクササイズは、踏み台昇降運動です。
空き時間に間食をしてダイエットを妨げてしまうよりも、エクササイズをして過したほうが健康にもダイエットにも有効ではないでしょうか。

踏み台昇降運動は、高すぎない段差(5〜30cm)を用意し、それに乗り降りする運動です。
踏み出し易いほうの足から上がり、先に踏み出した方の足から降りるという流れをテンポよく繰り返します。運動時間は10〜30分程度でOK!

太ももからヒップラインまでの筋肉運動が行われ、筋肉が引き締まり、垂れていないキレイなお尻がつくられていきます。下半身は、血行不良から老廃物が溜まり、冷えや浮腫みを起こしやすい部位でもありますが、踏み台昇降運動は下半身の筋肉を鍛えて、基礎代謝の向上も期待されているようです。

このように、仕事の空いた時間に間食せずにちょこっとエクササイズができるんです。夜勤のある仕事についている人がダイエットをするときは、きっと間食予防になやんでしまうんではないでしょうか。そんなときは、今回のお話を思い出してみるとイイかも。

また、過食を予防するための知識やコラム、その他のダイエット運動などは、今回のお話の参考にさせていただいたDiet・Slismで確認することができますので、是非ご覧になってみてください。

ダイエットSlismの紹介

ダイエットスリズム豊富なダイエット情報を提供しているダイエットSlismのHPです。ダイエット中でも、どうしても止められず間食しちゃうという人も居ることと思います。スリズムでは、間食を予防できる方法も取り扱っており、あなたの間食をストップさせる方法がきっと見つかるのではないでしょうか。

ついつい間食しちゃう人の食べ過ぎ予防ダイエット
http://slism.jp/

その他ダイエット記事の紹介

ダイエット中の小腹解決法 間食に向いている食品は?
http://slism.jp/communication/column-0084.html

夜や夜中、就寝中に目が覚めて小腹が減ったなんてことがある人もいるのではないでしょうか。夜中はエネルギーの消費率も下がり、ダイエットとしては危ない頃。そんなときはどのようにお腹を満たせば良いのでしょう?

歯磨きがもたらす意外なダイエット効果
http://slism.jp/communication/column-0011.html

歯磨きがダイエットに及ぼす影響について紹介しているコラムです。歯磨き後は、口腔内にメンソールの清々しさが残って食欲も抑えられたり、歯をキレイにした後だから間食はちょっと……となったりしますよね。その心理を応用していると言えるお話です。

シリアルダイエット
http://slism.jp/method/meal-siriaru.html

シリアルダイエットについて紹介しているページです。シリアルは思っているよりも消化スピードが遅く、お腹の中に停滞しているんだそうです。そのため空腹を感じるまでの時間が長いんだとか。

  • 【介護福祉士になる方法】資格を取得する為の色々な方法
  • 【ホームヘルパー】最も必要とされている介護訪問員

  • 【介護福祉士の概要】仕事の内容や勤務場所など
  • 【介護福祉士の資格と試験】試験の概要や免除の条件について
  • 【介護の国家資格】社会福祉士やホームヘルパーなど関連する資格の紹介