ケアマネージャーの女性

ケアマネージャーってなに?

需要のあるホームヘルパー、介護福祉士――介護士の仕事はよく知られていますが、その介護士をまとめるケアマネージャーという仕事についてはあまりよく知られていません。
「マネージャー」とつくだけに、ケアマネージャーという役職を、介護士をまとめるポジションなのかと思う方もいるかと思いますが、ケアマネージャーは実際に現場に立って介護士たちに指示を出す存在ではありません。
ケアマネージャーの主な仕事は、介護施設などを利用する方や、その家族の希望や要望を考慮し、さらに利用している方が自立した生活ができるようにマネジメントすることなのです。

高まったケアマネージャーの需要と求人

現在、介護施設や訪問介護といったサービス関係の仕事が増え始めています。その要因としては、高齢者が増えている今、高齢者が高齢者を介護する老老介護なども増え始めたこと。加えて、ホームヘルパーの資格は資格の中でも比較的取得が困難なものではなく、主婦の方でも勉強することで資格を取得できることも関係しています。

介護福祉士の資格を取得し、それで満足する方もいらっしゃると思いますが、どうせならばもう一歩上の場所にあるケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を取得することをオススメします。
もちろん、この資格を取得することは、ホームヘルパーの資格を取得するよりも難しいことではあります。ですが、介護に関する法改正に伴ってケアマネージャーの配置が必須となった今、ケアマネージャーの需要が急激に伸びており、「就職に困らない」とすら言われています。

ケアマネージャーと実務経験

ケアマネージャーの資格を取得するためには、必ず実務経験が必要となります。現場ではなく、ほとんど机の上で書類作りをするケアマネージャーになぜ実務経験が必要なのかといえば、ケアマネージャーの仕事は利用者の希望などを聞き、利用者の自立した生活を作ることを目指してサービスをマネジメントすること――なので、現場で利用者とふれあい、利用者の気持ちがわかるようにならなくては勤まらないというという側面があるからでしょう。

ケアマネージャーになるための実務経験は、資格の有無によって差が生じます。ヘルパー2級などの特定の資格をもっている方は、5年以上(通算900日以上)の実務経験(臨床経験)が必要。
そして、一切そういった資格を持っていない方は、実務経験(臨床経験)が10年以上(通算1500日以上)必要となります。資格がなくとも実務経験を積むことで取得資格が生じるというのは、それだけ現場での経験が仕事に活きてくるからこそなのでしょう。

「ケアマネージャー」参考サイトの紹介

求人募集が多いケアマネージャー。でも、どうしたらケアマネージャーになれるのか、ケアマネージャーの仕事の内容とはどういったものなのか――などなど、ケアマネージャーについての疑問の答えが、こちらのサイトにはそろっています。

ケアマネージャー ケアマネ全書
http://caremanezensho.jp/

その他ケアマネージャーの記事の紹介

ケアマネージャーになるための試験とは
http://caremanezensho.jp/b01shiken.html

実務経験を積むことによって、試験資格を得ることができるケアマネージャーの資格。では、その試験内容とはいったいどんなものなのでしょうか?受験案内から、試験内容までご説明いたします。

ケアマネージャーになるための試験とは
http://caremanezensho.jp/b01shiken.html

実務経験を積むことによって、試験資格を得ることができるケアマネージャーの資格。では、その試験内容とはいったいどんなものなのでしょうか?受験案内から、試験内容までご説明いたします。

ケアマネージャーになるための資格
http://caremanezensho.jp/b00kokkashikaku.html

介護に関する資格がなくとも取得できるケアマネージャーの資格ですが、特定の資格を持っていると試験を受けるために必須となる実務経験の期間が5年も短くなるのです。では、その特定の資格についてご紹介いたします。

  • 【介護福祉士になる方法】資格を取得する為の色々な方法
  • 【ホームヘルパー】最も必要とされている介護訪問員

  • 【介護福祉士の概要】仕事の内容や勤務場所など
  • 【介護福祉士の資格と試験】試験の概要や免除の条件について
  • 【介護の国家資格】社会福祉士やホームヘルパーなど関連する資格の紹介